« 葉巻を吸うまでの楽しみ | トップページ | 用の美 »

2018.10.31

ヒュミドールってどうするよ

葉巻を初めて最初のうちは、ジップロックとかタッパーで行けるんですよ。
ただ、だんだんと好みの葉巻がわかってきて、そうなるといつでも据えるようにとまとめて手元に置いておきたくなって箱買いを始めたあたりから、保管方法に頭を悩ますようになるわけです。

で、ヒュミドールってどうするよ、というお話。

安いのから高いの、はてはむっちゃ高いのまで色々ありますが、果たしてどうしたものか。
どれを買えばよいか。どこに置くべきか。どう管理していくべきか。。

経験上、よほどしっかりした作りのもの(つまり相応の価格のもの)でないと、気密性は疑問符ですね。
10万とか。

キューバの気候ならともかく、日本の四季だと内部の温度湿度は乱高下。
大人の宝箱としてはとても秀逸ですが、過信は禁物、と言ったところでしょうか。
20℃70%をキープし続けるのはなかなかに骨が折れる作業です。
それでも一つは持っておくことをお勧めします。
やっぱり、ほら。気分って大事。

20℃超えて30℃とかになってしまうとですね。
カビと虫が怖いです。
白カビはブルームと言って美味しく熟成している証ですが、青かび生えたらポイしたほうがいいです。
あと虫。タバコシバンムシ。ダニとダンゴムシを足して2で割ったような憎い奴。
葉に卵がついていて孵化しちゃったが最後、手当たり次第に食い荒らされます。
卵がついたまま知らずに葉巻吸ってると、パチン、ってはじける音がしますね。

おっと話がずれた。

沢山の葉巻を買った後は、一旦冷凍庫に入れて2日ほど凍らせた後、冷蔵庫のチルド⇒野菜室と移して1週間くらいかけて解凍してから保管する人もいるんだとか。
 

それでも箱買いがやめられない、手元にたくさん葉巻を持っておきたいの!
って人は、ワインセラーで温度管理可能なものをヒュミドール代わりに使うって話を聞いたことがあります。
ただ、個人的にはワインを保管する温度だとちょーっと温度が低いかな、って気になります。
カビないけど熟成もしないのかな?という。
ワインセラーユーザに是非とも聞いてみたいところです。

葉巻愛好家の間でよく聞くのはクーラーボックス&部屋ごと温度管理ですね。
ここまで行くともう、執念を感じます。
お部屋の温度は通年20℃。なんなら加湿器もたいてるそうで。

巨大なクーラーボックスには、あんな葉巻の箱やこんな葉巻の箱、果ては持っているのを忘れてたあんなレアな箱まで入っていたり。
見た目こそアングラーな感じですが中身は立派なスモーカー。
どれを吸おうかウキウキ選ぶ姿は趣味に生きる醍醐味ですね。

シガーバーのレンタルヒュミドールに預けるお金持ちもいらっしゃいますね。
ウィスキーと違って、天使の取り分が無いからいいですね(笑)

|

« 葉巻を吸うまでの楽しみ | トップページ | 用の美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12507/67332122

この記事へのトラックバック一覧です: ヒュミドールってどうするよ:

« 葉巻を吸うまでの楽しみ | トップページ | 用の美 »