« 化狂の思い出 | トップページ | なぁ、、「大」学なんだろ? »

2010.02.25

踊る感覚と絶対領域

江崎さん、一度ノリ始めたら誰も止められないって感じですからね。
T1君

スポーツチャンバラをやっているとき、極まれに体の重さを感じなくなる。
羽が生えたような、という感覚とはちと違うのだけれども、「今のオレは負けない」という感覚が体中を駆け巡るときがある。
目と思考と体と剣がピタリと一つになったような、時間がスローモーションで流れていくような感覚。
そこに”それ”と”己”だけがあって、全ての思考が空になり、ただ目の前の”それ”と対峙しているのが楽しくて仕方がない、そんな感覚。
上下関係とか体の不調とか、そういったものから全て解き放たれて”純粋”になっている「神の時間帯」みたいな時がある。

僕はそれを勝手に「踊っている」状態、と呼んでいる。
剣心一体とか忘我の境とかゾーンとか色んな表現があるけど、自分的には「踊る」という表現がしっくりくる。

自分の呼吸が、どこか遠くからの音に聞こえ。
視界には”それ”しか映っておらず、体から発する”気”のようなもので満たされる「江崎の世界」が出来ていく。
「江崎の世界」の中では負ける気がしない。多分、負けたことがない。
”それ”が「江崎の世界」の中にいる間は。
真に踊っている間のみ「江崎の世界」は僕の周りにある。

ピリピリとした緊張感の中で体が思考のスピードで動く。
”それ”がわかる。みえる。
そんな不思議な空間が出来上がること上がる。

そしてふと集中が切れたとき、「あぁ、今、踊ってたな」と思う。

”それ”しか見えてない状態。
”それ”と”己”だけがそこにあって、それだけが全てで、溶けて一つになりながらもそれぞれ別個。
踊っているとき、”それ”しか見えなくなる。

人はそれを「周りが見えなくなる」「突っ走っている」状態だから、よくないことだと言う。
お前は周りが見えないと、よく言われる。

チャンバラに限らず、文章を書いていたり仕事をしているときによくその「キュゥゥゥーン」とした感覚になることがあった。
数年前までは。
今は心身のバランスが崩れてしまっているからなのか、どうにも「入れない」。

入ったら無敵なのに。
入ったらなんだってできるのに。
それが惜しい。

いつしかまた、あの感覚を味わえるのだろうか。
我も彼もない、あの充実感を。


今はただ、体調を整えることだけができることだと自分に言い聞かせて、ヌルリと日々を生きている。

|

« 化狂の思い出 | トップページ | なぁ、、「大」学なんだろ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 踊る感覚と絶対領域:

« 化狂の思い出 | トップページ | なぁ、、「大」学なんだろ? »