« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010.01.25

たばこの密輸が増えてます。

直結する増税と密輸

「たばこの値上げをにらんで、中国の密造組織が、日本の税関の実力を試す“試験”を始めたのではないか」

先日も日記に書きましたが、たばこ税の増税は闇タバコが増えます。
すでに顕著な傾向が!!!!!

これが、単に「輸入する際にたばこ税を払わないですりぬけたもの(闇タバコ)」ですむならいいですよ。
でも、パッケージだけ本物っぽい偽物だったときがアブナイ!

ニコチンはなんだかんだいっても、猛毒なんです。
ただの「まずいたばこ」ってだけではすまない可能性も!

黒(拳銃)と白(麻薬)に加えて、茶色(タバコ)の対応が急務。
でも、すぐにその体制は整いません。
はっきりいって、国際郵便はザルです。
黒と白以外は、ザルです。
輸入手続きを何度かしましたが、「え?こんな簡単でいいの?」って感じです。

闇タバコやニセタバコは、反社会的組織の資金源になります。
そして、粗悪なタバコが流通する兆しでもあります。

そういう側面からも、たばこ税増税の議論をすべきだと僕は考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.24

社会悪物品を許すな!

拳銃に麻薬。黒と白。
社会悪物品を流入させないよう、税関の皆さんは日夜がんばっているわけです。

そこに茶色が混ざろうとしてます。
タバコ。

なぜタバコが社会悪物品になりうるのか。
タバコ税の大幅な増税が検討されているからです。

タバコ税の大幅な増税は、闇資金の資金源になりうるということを認識すべきと考えています。
現在の税率は、1箱20本入300円として189.17円(たばこ税174.88円、消費税14.29円)であり、価格に占める税の割合は、消費税を含めて63.1%。

ようは、現時点でも税金を無視すれば(違法な輸入をすれば)一箱180円、60%以上の利益を生み出せるおいしい品なのです。

タバコ税が跳ね上がれば、水際での阻止が必要になります。
#今だって、「Ciger」ではなく「Hobby Items」って箱に書けば、タバコ税を払うことなく密輸できてしまうというのに。

黒と白の社会悪物品の阻止だけで税関は手一杯なのに、さらに茶色の対応も求められる。
これではまわりません。

では人員増強を考えているかというと、当然そこまで頭は回っていない。
それじゃいけませんて。

闇社会への資金流入を防ぐという意味合いでも、タバコ税の検討を行ってほしいと考える次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.21

草食系男子はほんとに草食?

腐った肉を食べないからといって、草食呼ばわりするのは如何なものか。
某巨大掲示板


肉は腐りかけが美味しいと言いますが、別段1度食べて無くなる物で無し、新鮮な肉にかぶりつきたいという衝動は至って自然だと思うのですよ。
そして変わりゆく味をたっぷりと堪能したいという欲望はですね、

・・・肉の話ですよ?肉の。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.12

アンクのソフト、「コピペルナー」

これ作ってるの、アンクかよ!
http://www.ank.co.jp/works/products/copypelna/
すこぶるうさんくさい好青年の経営者、田村さんの会社でした。

http://www.gizmodo.jp/2010/01/post_6625.html
こちらで紹介されていますが、レポートのコピペを一発で見抜ける(かもしれない)ソフトウェア。
学生にとっては恐怖のずんどこにたたき落とされるソフトですな。

今となっては笑い話ですが、数人のレポートを重ね合わせてすかしてみるとピタリ一致したなんていう逸話もあるので、今も昔も学生の考えることは同じなんですな。

でも、社会人になるとわかるんですよ。
レポーティング技術はとても重要だって事に。
コピペには魂がないです。だから、わかるんです。
稚拙でもいいんです。魂を感じたいんです。


さ、話がずれましたがアンクの話。
HTMLのタグ辞典が出版されたときはなんて便利な!と感動したものです。
しゃっちょーさんはバイタリティあふれる人で、パワフルだな−とびっくりさせられました。
しかし、コピペルナーがアンクの製品だったとは。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ヤンチャ」という言葉が嫌い

「ヤンチャ」っていう言葉の響きが軽すぎる。
「ちょっと悪かったの(てへっ)」みたいに使われてるけど、よくよく聞いてみると犯罪行為なことが多くてね。

過去の犯罪行為を「若気の至り=ヤンチャ」で片付けて、ついでに懺悔しつついい話に仕立て上げちゃおうみたいなノリが本当に嫌すぎ。
その若気の至りでなかされた人たちの苦悩をわかってていってるのかと。
喫煙や飲酒ならともかく(いや、だめだけど)、暴走行為や万引き、かつあげ、器物破損、暴行傷害。
立派な犯罪行為ですから!!


この言葉を浸透させたのは島田紳助だと思うんだけど、お前が言うなといいたい。
犯罪行為を自己弁護するための言葉じゃないか!
反省してんなら、美談・武勇伝チックに語る前に被害者一人ひとりに謝ってからにしろ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.01.05

「本当に使える勉強法」読了

メソドロジー(方法論)系の本は、これで打ち止めの予定。

「勉強をすること」の方法論をまとめた本についてまとめた本です。
ちまたにあふれる勉強ノウハウ本のエッセンスがまとまっています。

よくよく読むと1〜2行しか内容ないな、という本については弁舌鋭く突っ込み入れてます。
そういう本を読む時間を節約する意味でもとても有意義な本。

自分が無意識にやっていたことが明文化されると「自覚セル有能」にまた一歩近づけた気がする一冊。

これから当面は,情報が詰まった本を集中的に読みたいと思います。
心理学・カウンセリング系の本と、勉強法系の本はおなかいっぱい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.04

飲んできたぞ、コピ・ルアク

善は急げ、好奇心の赴くままに!
生かせ、無駄な行動力!

というわけで行ってきました。cafe満満堂。
東京都荒川区西日暮里3-15-4

日暮里西口降りて左を歩いて5分。
夕焼けダンダンを降りて谷中銀座入って右。

店内は焙煎されたコーヒーのいい香り。
おなかがすいていたので大根カレーセットを注文。
820円でサラダとデザート、コーヒーは100円引き。
コピ・ルアクが1800円なので、しめて2520円なり。

カレーはスパイスから調合しているというこだわりの辛口カレー。
スパイシーながら、大根の甘みを感じるおいしいカレー。
期待していなかっただけにびっくり。
デザートはゆずのシャーベット。

これだけ香りの強い物を食べて、はたしてコーヒーの香りを楽しめるんだろうか??
と不安になってしまいました。


食後、おもむろに生豆が入ったガラス瓶を二つ。
コピ・ルアクと、もう一つは別の豆。
いずれもゆでピーナッツみたいな色をしてます。

香りを試させてくれるというわけで、クンクン・・・
葉巻を嗅いだときの微弱なアンモニア臭というのでしょうか、知っている香りがしました。
でも、コピ・ルアクのほうは既に甘くていい香り。
例えるならば、チョコレートの包み紙のような香りでした。
微塵も、●な感じの香り成分は感じなかったよ!
さすがにそんな感想は言わなかったけどね、大人だから!!


次に、焙煎した豆の香り比較。
いずれも香ばしい焙煎の香りでしたが、コピ・ルアクはその奥に、なんだかよくわからないいい香りが。
確かに独特のすばらしい香りが漂ってきます。

挽いた状態の粉を嗅ぐと、その印象はさらに強くなります。
知ってるけど思い出せない香り。いい香り。
リラックスする香りです。

いよいよ入れてもらっていただきます。


そりゃね。炒り立て・挽き立て・入れ立てですからね。
旨いですよ。間違いない。
カレー食べた後ということもありますけども、苦みが強くて酸味・甘みは弱め。
ああ、こんなもんかぁ、と思いながら一口、二口。
最初の数口は弱めのエスプレッソに近い味わいに感じました。

すると口の中に段々と変化がやってきます。

まず、甘みの輪郭がはっきりしてくる。
そして、口の中がコーヒーの甘みでコーティングされたようになってくる。
すると、唾液もお冷やも甘く感じる。
下の奥から甘い唾液が出てくる。

味覚の甘みを感じる部分だけが活性化していく感じ。
そして口の中に広がるすばらしい香り。
ムスクといわれればそんな感じもする、いい香りです。

飲み進めて行くにしたがって、苦みが段々おさまってくる。丸い味に。
そして酸味がたってくる。
しかし嫌な酸味ではありません、いらいらする感じがしない。
えごみもなく、ただ酸味を感じた後に甘みと香りの余韻が広がる至福の時間。

中盤から後半、コーヒーが冷めてくるに従ってより酸味の輪郭が強くなっていきます。
しかし、酸味を感じた後の甘みや香りも強くなってくる。
こうも味が変化するとは思っていませんでした。

玉露や高級中国茶を飲んだ時の口の中の感じ。
豊かな香りと、幸せな甘さが強くたおやかに広がって、すこぶるいい気分。
ただ、お茶よりは甘みは弱め。そのぶん苦みが強め。
苦みというか、コク?

最後の一滴まで楽しんで、ごちそうさま。

飲み終わった後、マスターがカウンターに色々と・・・
曰く、香りを嗅ぎ比べてごらん、とのこと。
コーヒーを入れたポット(ガラス)、ポットのふた(プラスチック)、コップ(陶器)、スプーン(木)。
素材それぞれに残っている香りが違います。
特にガラスに残っている香りが強い。

入れてから30分以上経っているのに、酸化した嫌な香りが微塵もしません。
これはすごい。

カップに微量に残ったコーヒーを手の甲につけてごらん、と言われて言われるままに。
コーヒーが乾くまで、乾いた後。乾いた後も手の甲の温度で様々な香りを楽しむことができます。
すごいぞ、コピ・ルアク。

さらにおまけに帰り際、使い捨てマスクを渡されまして。
こうすれば結構長いこと香りを楽しめるからどうぞ、とのことで、すげぇなそのこだわり。


さんざっぱら香りを楽しむことができました。
これはお値打ちです。
コーヒーが好きな人は言うまでもなく、コーヒーがあまり好きでないという人も、是非一度は試していただきたい。
別段、コピ・ルアクじゃなくてもいいです。
このお店なら、間違いないです。多分。


炒りたて・挽き立て・入れ立てのコーヒーがこんなに旨いとは。
さらに、豆にこだわるとこんなに味わいが変わるとは。
年の瀬に大きなカルチャーショックを楽しむことができました。貴重な体験!

激しくおすすめのお店です。満満堂。
機会があればまた行ってみたいと思います。
おいしいコーヒーを試してみたいから一緒にこいや、って場合は是非誘ってくださいませ!


なお、店内は喫煙可ですが、コピ・ルアクを注文したお客さんがいるとご遠慮くださいと言われるようです。
シガーはNG。狭いですからね。
カップオブエクセレンスを始め、こだわりのコーヒーが27種類。

年明け2010年1月6日18:00〜スーパーJチャンネル(テレビ朝日)で紹介されるようです。
そうなると、コピ・ルアクははけちゃうだろうとのこと。
年内に行ける方は行っておいた方がいいですよ!
在庫が切れたら、次の入荷は来年の4月前後だそうです。
お早めに!

営業時間
年内:12/31までの予定
年初:1/5からの予定
10:30〜18:00(LO17:30)

---
関連記事
コピ・ルアク
コピ・ルアック
コピ・ルアーク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

龍馬のイメージが違う。。。

スマート過ぎだなぁ、というのが印象。
一生懸命泥や汗でよごしてみました、って感じ。

もっとぶっとんでて、空想家で、泥臭いイメージだったから、ちょっとがっかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »