« 脳内でエンドレス | トップページ | 働かない人間は、弁が立つ »

2007.01.16

自己分析不在の人材

いわゆる正社員と非正社員の違いって、案外「自己分析」の深さ、広さから現れるのかもしれない。

---
就職活動していて思ったことの一つに、自己分析が足りていない人ほど落とされてる、ってことがあります。

自己分析の深さ、広さって取り繕えないんですよね。
だから、履歴書に嘘を書いているとすぐばれちゃう。

「あ、こいつ、自己分析足りてないな」って思う人ほど就活に苦戦して、それでいて履歴書が最初のころとほとんど変わってない。

自分のことって、案外わかってないことだらけ。

僕はよく「前提」っていう言葉を使うのですが、その自分の思考の前提が見えているのといないのとでは大きな差が出てくると思うのです。

---
例えばスポーツチャンバラ。

闘っているうちにその人の体に染み付いた前提が見えてくる。
野球なのかテニスなのか。
ボクシングなのか剣道なのか。
ダンスなのか日舞なのか。

その前提のありかをわかっている人とわかっていない人の体の遣い方には当然差が出てくる。
得意不得意がはっきり出てくる。

---
これからの社会で生き抜くためには、「ありのままの自分」とか「本当の自分」みたいな生ぬるい自己肯定じゃなくて、「自己分析のメソッド」、これが必要不可欠になってくると思うわけです。

時には自己否定しなければいけない場面も出てくるかもしれない。
でも、だからこそ向上もあるわけでしょ?

---
この記事を読んで、そんなことをふと思ったので。


30代独身女性がハマる「自分磨き本」

|

« 脳内でエンドレス | トップページ | 働かない人間は、弁が立つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12507/14546536

この記事へのトラックバック一覧です: 自己分析不在の人材 :

« 脳内でエンドレス | トップページ | 働かない人間は、弁が立つ »