« 自己分析不在の人材 | トップページ | 賢人の心得 »

2007.01.18

働かない人間は、弁が立つ

http://news.goo.ne.jp/article/nbonline/business/nbonline-116513-01.htmlより

働かない人間は、弁が立つ
それぞれに「何故自分は働かないのか」立派な理屈を持っている
   ↓

そのストーリー性が確立されているほどに、他者は「可哀想に」と、金を出す。
もしくは、「仕方がない」と金を出す。

   ↓

そして誰もそこから抜け出れず数十年が経つ。
  
   ↓

立派なニートの出来上がり(°∀°)

そこから脱出する方法
“理屈を聞かない”


要は、
 働くか働かないか
ではなく
 働かないことを正当化するかしないか

働かないことを正当化する人間に対して、金を払う人間がいる限り、 それは結局、
正当化への報酬となって本人に届く。本人が正当化をやめる理由は、そこにはない。


何を言うかではなく、何をするかで人を判断しなければいけない

----
新年早々耳が痛いねぇ。。。

最近、口ばかりが達者な人が増えてきた気がしますが、一方で、日本語の語彙力の低下が顕著になってきたとも言われます。

これは、一見矛盾しているようにも見えるのですが、実は「瞬時に反論しようがない『切り札』的な語彙が氾濫している」ことの表れではないかと思うのです。

「自分のやりたい仕事が見つからない」
「自分に合わない」
「親の世間体を満たす道具として扱われてきた」
etc...

一足飛びに自己実現を目指す前に、最低限、自分の力で衣食住をそろえて、と社会への所属を果たsあうあうあーー。

|

« 自己分析不在の人材 | トップページ | 賢人の心得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12507/14546538

この記事へのトラックバック一覧です: 働かない人間は、弁が立つ:

« 自己分析不在の人材 | トップページ | 賢人の心得 »