« 自分が一番大切、という感覚(推敲中稿) | トップページ | ワビ・サビ・モエ »

2006.07.19

流行語大賞には「妖精の翼」を!


こんにちワン・ツー
急にボールが来たから
ジェバる

新語・流行語大賞より

こんな流行語はつまらない!
今年、いや、これから流行らせるべき言葉はこれだ!

「だめなものはだめ」

「もったいない」

妖精の翼

この三つです!まちがいない!
これからの日本のためにも、是非この三つを流行語大賞にねじこみましょう!!!


ちなみに次点で
「ツンデレ」
「SOS団」
「みくるビーム」
「ゲドこけ」
などがあるかな?と思うのですが、それはそれとしてですね。

まじめな話、映画(デスノート、ゲド戦記 等)関連とW杯関連は強いかな?とか。
あとは、新しい語感の言葉を作り出すと、案外今からでも滑り込めるかな?なんて。

というわけで、ここはひとつ
「アホが見る北のケツ」
という新語を作り出して締めたいと思います。意味はありません。語感のみ。

んではおやすみなさい、セニョリータ。

|

« 自分が一番大切、という感覚(推敲中稿) | トップページ | ワビ・サビ・モエ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12507/10994544

この記事へのトラックバック一覧です: 流行語大賞には「妖精の翼」を!:

» ゲド戦記の原作本 [ファーストネーションズ]
無数の島々と海からなるアースシー(EARTHSEA)。 並はずれた魔法の力を持つ男ゲドの波瀾万丈の生涯を軸に、アースシー世界の光と闇を描く壮大な物語。 スタジオジブリで映画化されたゲド戦記の原作本を紹介しています。つづく… [続きを読む]

受信: 2006.08.03 18:57

« 自分が一番大切、という感覚(推敲中稿) | トップページ | ワビ・サビ・モエ »