« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.10.29

短歌:雲間の月

儚げに 雲間にのぞく 朧月
 消え行く前に ただひとことを

江崎
----

最初は淡い青春の一ページというか、「あの月が隠れる前に告白するぞ」という青春のワンシーンを想像して詠ってみたのですが、よくよく考えてみるとツンデレな彼女への想いの伝え方という解釈も出来るな、と思って。

照れという雲間に見え隠れする純粋な想い。
時折気まぐれに見せる「デレ」を見逃さずに、その空気が、気配が消えてしまう前に応えてあげたいという優しさ。

そんな風にも読めるな、と。

久々に詩歌を作ってみましたが、いやー、照れるねぃ。

----

インスパイヤ@この遊歩道が終わるまでに(久川 綾)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.26

「可愛い」の変遷

若い娘に対する「可愛い」がときめきではなく愛玩に変わったことに気づいた俺・・・
寿(言戯10/26

胸の高鳴りを覚える「可愛い」から、めでるスタンスの「可愛い」へ。いつの間にか変わりつつあるなぁと思ったりした。

上戸某とか辻・加護とかあややとか卓球の愛ちゃんとか、がんばってるなぁ、かわいいなぁと思うけれども、それは「あわよくば付き合いたい」とか「お持ち帰りしたい」とか「独占したい」っていうギラギラしたものじゃなくて、人形とかアニメのキャラクターに対するそれのような「可愛い」という感情になってるなぁ、と自己分析。
言い方を変えると、上から目線、お兄さん目線、、、おじさん目線・・・っ!?

だったらよほどMEGUMIや山口智子のほうがいい。(断言)
それは、お姉さんキャラ好きという「好み」の問題もあると思うけれども、それ以上に保護者的な観点というか、父性と言うか、そういったものが強くなってきたのかなァとも思うわけで。

となると、あれだ。
「萌え」の感情が良くわからなくなってきたのも事実。

かつての「ナウシカ」に対するあの胸の高鳴りも、今ではノスタルジックなほの温かい思い出の鼓動になってしまっているわけで、あー、そんな時代もあったなぁ、なんて。

それだけ大人になっちゃったってことなのかなぁ。

もしかして、彼女がいて心が満たされているからそんな余裕があるのかなぁ?
ぬぬぅ、わからぬ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.25

ドッヂボール

おとなもこどももおねーさんも
糸井重里

ひらめ筋を見てたら、無性にドッヂボールがやりたくなってきた。

よける、かわす、ひたすら逃げる!
僕のスポーツチャンバラにおける反射神経は、小学生のころやりまくったドッヂボールで培ったものなのです。絶対そうだ!そうに違いない!今決めた!!

最後の一人になってもよけまくるからゲームが終わらない!
空気読まずによけまくる!それがオレダゼ!

日本ドッジボール協会なるものもあるらしい。。
でも、大会は子どものみ。
競技人口の関係だと思われ。

なんか、こう、ドッヂボールのことを考えると、血がふつふつとタギってくるのですよ。
まるでチャンバラ始めたてのころのような感じなのですよ。

やりたいなぁ。ドッヂボール。誰か誘ってよ!
それともいっそチームを作るとか・・・ブツブツブツブツブツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.23

ディープインパクト

よっしゃ!ディープ単勝取ったぜ!!
お前ら好きなもん奢ってやるぞ。

某巨大掲示板(ワラタ2ッキ経由)

はじめてみました。単勝1倍の馬券。
記念切符みたいなもんですよね。

競馬見て感動したのは初めてです。
軽やかに、飛んでいるように走っているあの姿は目に焼きついて離れません。綺麗だった。
ほんと、あのレースを見るためにDVDとか買ってもいいって思ったくらい。

競馬といえば、メジロマックイーンとマチカネタンホイザくらいしか知らない僕でしたが、ちょびっと興味を持ってしまいました。馬ってキレイ。

ただ、ギャンブルはもう、からっきしだめ。
勝てたためしがない。
だから、賭けずに楽しむ、ぬるいファンで行きます♪
賭けても100円とか(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.20

天使だと思った女性教えて


さんかな。
っこり笑った時とか、超かわいい。
道やってたから、姿勢もいいし、もちろん字も綺麗。
わいいってより、美人系だな。
いきん長い髪を栗色に染めたので、まさに天使。
ンブラントの絵から出て来たような幻想的な美人です。
んごくなんて行かなくても、俺は毎日天使にあえる。
やまじで、こんな美人そうそういないと思う。
じで。
てきな嫁さん持つと、家に帰るのが待ち遠しくなるよ。


某巨大掲示板(ワラタ2ッキ経由)

まるでダイイングメッセージ。


縦読みは、一種の芸術だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.17

子どもは親が躾けろよ

バスの中でずーッと落ち着き無く騒いでいた餓鬼に母親が「運転手さんに怒られるから静かにしなさい」って言ったところ、
運転手さんは車内放送のマイクで
「運転手さんは怒っていませんよ。お母さん自分で叱ってあげてください」と

乗客皆失笑でした。
某巨大掲示板(ワラタ2ッキ経由)


運転手さんが怒るから、とかじゃなくて親であるお前がちゃんとしつけろよ!と思うことが今まで何度あったか。
「ほら、あのおばちゃんに怒られるわよ」とか、「おまわりさんにおこられちゃうよ」とかって子どもに言い聞かせてるアホがいた、って話はよく聞くけど、あれか、しつけの出来ていないケモノを世の中に放つ恥をいとわないほど、そんなに子どもから嫌われたくないのかお前らは、といいたい。

小さな小さな我が子に媚びてどうするんだ、世の中の大人よ!
ダメなものはダメ、悪いことは悪いと、ちゃんと教えてやれよ!!

---
先日、満員電車に乗っていたときのこと。
奥のほうに乗っていた女性が駅に着いたと単に、無言で黙々と周りの人間を押しのけ始めました。
「失礼します」とか「すみません」とか一切無し。
人をかき分けかき分け降りていくわけです。

「あー、かわいそうな人だな」と思いました。
「すいませーん降ります」のたった一言も言えない様じゃ、他の立ち居振る舞いも想像がつくってもんです。

きっと、躾けのできない親に育てられたんだろうな、と思って憂さを晴らしてました。
だって、押しのけられて痛かったんだもん!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.14

にっぽんの大人の責任

にっぽんの大人にはなぁ、
にっぽんの子供を叱る責任があるんだーーー!!!

某巨大掲示板(Diary of Hopeless Sinner経由)

すごい!しびれた!その通り!!!
昔は大人が怖かったものですが、今の大人はなめられっぱなしですな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.12

馬鹿に苦しむ人へ捧ぐ名言

100人いれば、100人に一人の馬鹿が、 1000人いれば、1000人に一人の馬鹿が現れるってもんです。
江崎

参加者の多いコミュニティの管理者とか、人気サイトの管理人とか、そんな人たちに捧ぐ。

計算上は、1000人の人がいると、100人に一人の馬鹿が9匹と、1000人に一人の馬鹿が1匹ってことになるんですね。こりゃ大変だ・・・。

ろじぱら(※プログラムサイトです)はそろそろ一億HITってことで、きっと一億人に一人の馬鹿1匹と、一千万人に一人の馬鹿が9匹と、百万人に一人の馬鹿が99匹と・・・・・こりゃ大変だ!

---
計算間違っててもそっと見守るのが優しさってもんだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.07

最近日本語がブームだ

全地は一つのことば、一つの話しことばであった
旧約聖書創世記11章

最近日本語がブームだ
今日もやってた、日本語のクイズ番組。
最近多いなぁ。。

見ていて思うのは、そんなんがクイズになっちゃうのねー、ってこと。
「右」や「上」の書き順くらいノータイムで答えてほしいなぁ。。

クイズが成立してしまうくらい日本語力が危うくなってきているのかなー、とか、日本語が改めて注目されてきているのはナショナリズムの復活なのかなぁとか、色々考えてしまいますが、とりあえずはいいことだと思ってます。

あほな内容をクイズにしてバカ騒ぎするよりはよっぽどタメになる。

日本人が、日本人であることを問うような番組が増えるっていう傾向は、ほんと面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.03

ツンデレキャラ

Q.現在最高のツンデレキャラは誰?
A.ギロロ伍長です。

とらのあな1号店(アキバBlog経由)

あひゃひゃひゃひゃひゃ!
確かに!確かにそうだ!!
僕の中では「わうわうガー太」の委員長だけどね!

ギロロ伍長!いーっひっひっひ!ケラケラケラケラ!
なっ、なつみぃ!
ははははは!あーっはっはっは!!
もう、個人的に大爆笑!


・・・で、問題は、これを見つけたのが会社だった、ってことでして。。。_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »