« ピカピカの経営理念 | トップページ | おとなのぎもん »

2005.08.01

いじめ2

いじめをやめなさい、と言えばいじめがなくなりますか?
いじめ甲斐がなくなれば、いじめはなくなるのです。

女王の教室

違う、それは違うぞ、阿久津先生。
正論かもしれないけど、本質を捉えてない。
極論を言ってしまえば、いじめはいじめるほうが100%悪い。
そして、いじめられるほうに精神力や成長を求めることの方が酷ってものです。
ドラマは小学校が舞台だけど、子供社会ならなおさら。だってみんな子供なんだから。一人だけ強くなれ、はねのけろというものを求めるほうが酷だと思います。

大人社会のいじめは、これもまたたちが悪くて。
いじめを受けている側が”大人”(精神的に自立していて、タフである)であったとしても、いやなものはいやだし、きついものはきついんです。
そして、そう簡単にはなくならない。

はっきりいって、いじめを精神論だけで片付けようとするなんてぇのは、いじめられたことのない奴の幻想です。
教師や両親、保険の先生でもいい。だれか理解、、、理解が無理ならせめて「100%味方になって話を聞いてあげる」というケアから、いじめへの対処は始まるんじゃないかと思うのです。
そして、いじめられている子のタフさはそこから生まれていき、そして成長もしていくんではないか、と。

ただ、暖かいんだか冷たいんだかわからない視線で見守っているだけで勝手に”まっすぐ”成長できるほど子供は強くないし、純粋でもないと、僕はそう思うのです。

ちょーっとアクが強いな、このドラマ・・・。
少なくとも、いじめの本質を理解している人がスタッフ内にいるとは思えないし。。。なめんなよ!って感じ。。
せめて最後はきれいにまとめてくれればいいのですが。

---

関連記事
いじめ

|

« ピカピカの経営理念 | トップページ | おとなのぎもん »

コメント

お元気ですか?久しぶりにお邪魔させていただきました~(^^)

このいじめについてのお話、同感だなぁと思いまして。
いじめられた経験のある人とない人とでは、いじめに対する考え方は全然違ってきますよね。
でも、世の中いじめられたことのない人の方が多い気がする。
だからこういういじめ観みたいなものが一般的に通じてしまうのか、なんて思います。
(このドラマは見ていませんが…)

元々、「泥棒に入られる方が悪い」とか言うヤツとはお友だちになりたくないタイプですんで
(たとえ鍵が空いていても泥棒になんか入らないのが当たり前だっつの!)、
「いじめはいじめる方が100%悪い」という考えこそ正論だと思いますよ。
もしかしたら、いじめる側にも何か心の問題や悩みがあってそういう行動をすることがあるとしても、
いじめている子といじめられている子の間にはそんなこと関係ないですしねぇ。

…すみません、何だか熱くなってしまいました(^^;

投稿: ロリポップ | 2005.08.30 18:38

いじめられている側には、100%味方になってあげるというケアが必要だと思っていますが、ロリポップさんの意見を読んで、いじめている側へのケアも必要なのかもしれないな、と思うようになりました。
とはいえ、いじめる側には「いじめている」という意識が希薄なので、なかなか理解させるのは難しそうですが。。

投稿: 江崎 彰 | 2005.09.04 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12507/5267521

この記事へのトラックバック一覧です: いじめ2:

« ピカピカの経営理念 | トップページ | おとなのぎもん »