« 完全は、ほど遠く | トップページ | コナン »

2005.06.01

ひさしぶりにスポーツチャンバラ

なんかこの刀ってあんまり凶器に見えないな
山本耕史(ほぼ日刊イトイ新聞のインタビューより)

スポーツチャンバラ。
久々やってきました。2ヶ月ぶりくらい?
いやー、体がなまってるなまってる。もう、悲しいくらいキレが無い。
キレも無いのにコクも無い。もう、どうしようもない。
そしてすぐばてる。
そりゃしゃあないよなぁ。。もっそい下痢、繰り返してたんだもの...orz

久々にかく汗はべっとりと、そしてくっさい汗でした。。

----

ところで今日の名言。
あー、なるほどな、と思ったので選んでみました。

たとえ空気を入れたチューブとはいえ、持つ人が持つと怖い。怖いんです。
痛いから、とか早いから、とかっていう理屈じゃなくて、凶器なんです。
手に持ってる、エアーソフト剣が。
でも、なれていない人が真剣を持っていても、あまり怖く感じない。
(ま、逆の意味で怖いというのはありますが。。)

試し斬りをやるとき、真剣を腰に差したあの瞬間に感じるえもいわれぬ緊張感。
あれを味わってしまうと、よくわかるんです。この名言の意味が。

今日、スポーツチャンバラをやっててふと思ったこと。
「あぁ、これって凶器なんだよな。」ってこと。

僕が剣を持つと、果たして凶器に見えるんだろうか?
怖いのは武器?持っている人?雰囲気?

|

« 完全は、ほど遠く | トップページ | コナン »

コメント

はぁいwこんばんわw
凶器・・・んー人じゃないかな?
怒らせたキミは怖いがw
ただ剣をもっただけのキミはあまり怖くない。
むしろカッコイイと誉めているかもしれない。
まぁ知人の感覚なんてきっとこんなもんだ・・・

投稿: saku | 2005.06.02 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12507/4372419

この記事へのトラックバック一覧です: ひさしぶりにスポーツチャンバラ:

» スポーツチャンバラ [格闘技コム]
スポーツチャンバラスポーツチャンバラとは、日本において行われていたチャンバラごっこに安全性とルールの導入によりスポーツとして確立させたものである。略称はスポチャン。 その昔、遊び道具として現代のようなテレビゲームが存在しなかった頃、友達と遊ぶ遊びとしてチャンバラごっこがあった。男の子も女の子もみな、...... [続きを読む]

受信: 2005.07.01 19:28

« 完全は、ほど遠く | トップページ | コナン »