« 選ばれし者の責務 | トップページ | 真意 »

2004.12.04

あしたがあるということ

あなたが虚しく過ごしたきょうという日は
きのう死んでいったものが
あれほど生きたいと願ったあした

某巨大掲示板

胸の奥が、ズキっとしました。。

|

« 選ばれし者の責務 | トップページ | 真意 »

コメント

こんにちは、初めまして。
とっても胸に響く言葉ですね…。
ズキッっと来たという表現の仕方も面白いですね^^

投稿: ソラ | 2004.12.05 14:32

はじめまして。ネットでこちらのサイトを見つけてあれこれ見ているうちにここに行き着きました。
すっごいいい言葉ですね。なんかすっごい(いい意味で)イタイです。教訓になりました。

投稿: もりいち | 2004.12.05 21:01

色々と考える言葉ですね。
ただ、考えれば考えるほどマイナス思考に(汗)

死んだ人自身も虚しく生きた事があるはずなのに
最後の最後に生きる事にしがみ付く。
死ぬ事を目前にしない限り、人は怠惰であった事を意識しない。

やはり考え方が捻くれてますね・・・・・・(遠い目)

投稿: 泡沫 | 2004.12.06 02:08

はじめて書き込みさせていただきます。

この言葉、自分にも響きました。
会社(w)で読んで涙が出てきました。
その時自分は、ちょっとイヤな事があって、人を本当に憎んでいたんです。
正直、殺してやろうなんて不謹慎にも思ってしまいました。

でも、そんな負の感情を持つことすら、
明日を望んで死んでいった人には叶わない時間なんですね。

実は自分、今30代後半ですが、数年前に同年代の親友を二人亡くしております。
一人は高校時代の友人を、病気で。
一人は大学時代の友人を突然死で。
今自分は、彼らが例え望んでも得ることのできなかった時間を、生きています。
死んだ人にとっては「おまけの人生」なんです。
その「おまけの人生」をどう生きるか。
所詮自分の人生なんで、そんなの自分の勝手なんですが、
少なくとも、死んだ二人に呆れられない様に生きていきたいと思います。

この言葉はそれを改めて思い出せてもらいました。
ありがとうございます。

投稿: score9080 | 2004.12.10 09:57

いやはや、気持ちが沈んでるとコメントの返信がえらく遅くなってしまいます。
大変お待たせして申し訳ありませんでした。

コメントいただいた皆様の心にちょこっと引っかかって、何かを考えるきっかけになれたのであれば幸いです。

特にscore9080様。
是非こちらもご覧になってみてください。
http://ae.txt-nifty.com/blog/2004/09/post_15.html

今を精一杯生きる、とか、後悔しないように、とかっていう言葉は世の中に沢山氾濫していますが。
その人が心底納得した形で真摯にその人の人生と向かい合えれば、おのずと道は開けてくると考えています。

つらいことが多い世の中ですが、是非、「幸せは、そう感じたものの勝ち」という言葉と共に笑顔の明日でありますよう、お祈り申し上げております。

投稿: 江崎 彰 | 2005.01.03 01:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12507/2145246

この記事へのトラックバック一覧です: あしたがあるということ:

» 生きてること [〜風まかせ〜]
サークルの人たちと夜ご飯を食べてたらこの時間です。ずいぶんと長居したものです。で、・・・ 最近、生活がかなり乱れてます。もうなにをして生きているのやら。そ... [続きを読む]

受信: 2005.02.25 05:52

« 選ばれし者の責務 | トップページ | 真意 »