« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.31

今年をふりかえって(後編)

長くなったので分けました。
後編です。7月からいきます!

続きを読む "今年をふりかえって(後編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年を振り返って(前編)

むずかしいことをやさしく、やさしいことを深く、深いことを面白く
井上ひさし(永六輔「伝言」より)

仏教の説教者による話術の根本
法にのっとり、比喩を用い、因縁を語るべし
をやさしく言い換えた言葉、だそうですが、この言葉の持つ意味というか”チカラ”みたいなものを感じて、思わずうなってしまいました。

まさしくこれは、僕がこのサイトを開いたきっかけ、更新し続けられている原動力じゃないか、と思ったのです。
難しいことが易しく、深く、面白く、凝縮されている「言葉」に感動を覚えたとき。
僕は”思わず”、記憶に刻み、メモ帳に記し、携帯の写真に撮るんだな、と。

----

気がつけば今年も終わろうとしています。
そして2~3日に1件更新するペースでいいや、と思っていたはずが気がつけば300件を超える記事を更新していたことになります。
自分でもびっくりです。
約1日1件。スゲ。
いまだかつて、日記だって続いたこと無いのに。

というわけで、今年1年を振り返ってみて、心に残ったことや色々な出来事を記してみたいと思います。

----

続きを読む "今年を振り返って(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.25

やさしいことば

コノ世界ハ
君ガ思ッテイル以上ニ
君ノコトヲ必要トシテイル

君ハコンナトコロデ
オワッテハイケナインダ

君ガ今マデ出会ッタ人々
キミガコレカラ出会ウ人
キミガ作リ上ゲル世界
キミト関ワリ変化スル社会

ソレハソレハ
小サイ変化カモシレナイ

デモソレハ
ツナガリツヅケルミライノサキノ
オオキナ変化

ソラ(僕のマリー10巻)

なんてやさしいことばなんだろう。

ともすれば「生きている意味」とか「生きる価値」を追い求めてしまいがちな今。
君が関わっていくことで、社会はほんの少し変化していく。
だから君は「コノ世界」に必要なんだよ、といっている。

コノ世界ハ 君ガ思ッテイル以上ニ 君ノコトヲ必要トシテイル

だからオワリを選ぶなよ、と僕は言いたい。

なのに・・・

続きを読む "やさしいことば"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.19

木村さんをいじりつつ、ゴーログの今年一年を振り返っちゃえ!

人間は常に誤り得る
木村剛

IT企業に勤め、セキュリティに携わったことのある人間としては、とても重い響きを持ちます。
人は常に誤り得る。
だからこそ、誤らないようにする方法と、誤ってもリカバリできるようにバックアップする仕組みの両方を作らないといけない。
ボタンを大きくして見やすくしつつ、「入金します。よろしいですか?」みたいなメッセージを出す、とか。

間違えるからこそ、人間なんだ。

---

年末ですねー。
気持ちがせかせかしてきますねー。
なんだか、ギスギスした記事も多くなってきましたねー。

そんなときこそ。
こんなネタはいかがでしょうか。

題して!
「大活躍の今年1年、お疲れ様でした! ・・・の気持ちを込めて、イジらせていただきます!」

◆企画詳細
なんてことはありません。
木村さんのBlog・・・つまり、ゴーログに関する「コトバ」をGoogleで検索かけて、ゴーログやその関連するBlogの記事が上位になったものをトラバろう、と、そう思って検索しまくったわけで。

今年という限られた時間の中でどれだけgoogleに深く浸透したかが見て取れますよ。

では、心してご覧ください!
googleで上位に入った用語で木村さんを紹介する文章を書いてみました!
リンクは全てgoogleに張っています。
それがこちら!

続きを読む "木村さんをいじりつつ、ゴーログの今年一年を振り返っちゃえ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.15

遅刻の言い訳

ごめーん、電車がめちゃ混みでー。
朝日奈夕子ときめきメモリアル

テレビ画面に向かって思いっきり「あっ、そーなんd・・・・なんでやねん!」と突っ込みを入れてしまったことは、君と僕の秘密だ!!

えーっと、今日のネタはわかる人だけわかってください。
以上!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.13

クリスマスというお祭り

由来とか、本来の意味とか、そういうのは全く気にせず。
クリスマスはもはや、「日本特有のお祭りのひとつ」みたいな感じになってて、だから、好きだ。

江崎

毎年、クリスマスの季節になると、わけもなくウキウキする。
予定のある、ないや宗教の如何に関わらず。
なんとはなしに、浮かれた街の空気を吸うのが楽しみなのだ。

街の電飾が、リーフの飾り付けが、繰り返し聞いたはずの定番ソングが。
何もかもが、浮き立つ気持ちを演出してくれる。
だから、クリスマスは、好きだ。
由来とか、本来の意味とか、そういうのは全く気にせず。
クリスマスはもはや、「日本特有のお祭りのひとつ」みたいな感じになってて、だから、好きだ。

だけど・・・。

続きを読む "クリスマスというお祭り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.12

ラーメンズのDVDBOX vol2がいよいよ発売ですよー

多くは語りません。
買いです。

ラーメンズ DVD-BOX(Vlo2 2004.12.15発売予定)

----
ちなみに、
ラーメンズ: DVDボックス(Vol1)発売中です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.11

保温で炊いたご飯

ご飯がまずい、このまずさは2度目だから分かる
「炊飯」押し忘れて保温で炊いてしまったせいだ

ふぇちゅいん(2004.12.9

お粥みたいで、お粥じゃない。
糊みたいでも、糊じゃない。

それは何かとたずねたら

炊きそこねのご飯 炊きそこねのご飯

----

あの、ぐちゃっと煮崩れた感じの米たるや、なんでしょうね。
「これは米じゃない、糊だ!」みたいなドロサラ感。
そして、ほのかに漂う罪悪感。

保温で炊くのを防止する機能って、ないのでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.10

紺色をフランス語で言うと

Q:「フランス語で「紺色」ってなんといいますか?」
A:「コィーメノブルゥー 」

某巨大掲示板

さて、どこから突っ込んだものか・・。

そもそもフランス語じゃねぇし、日本語交じりの英語だし。
そのわりにフランス語っぽいのはなんでだー!

あれだね。
空気を抜くように、巻き舌っぽく言うのがコツだよね。<なんのだ。

続きを読む "紺色をフランス語で言うと"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タンスの角に小指がゴッ!

ま゛っ!
江崎

そりゃもう、いてぇのなんの。。。orz

----

ちなみに。
新婚ほやほやの某友人が、先日、タンスの角に小指を目一杯ぶつけたあげく、骨折しちゃったそうです。
その痛みを思うと・・・・!!!

思わず足の小指をさすってしまった出来事でした。
このいやぁ~んな感じを、おすそわけ、おすそわけ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.12.08

私と仕事のどっちが好きなの!?

「オレと仕事ドッチが好き?」
「どっちもスキ」
「・・・オレ、二股かけられてる気分。」
それから距離が開いちゃったんですよ

はしのえみ

男がされたくない究極の質問。
「私と仕事のどっちが好きなの!?」
を、女性でありながらされてしまった、はしのえみさん。

それにしても「二股かけられてる気分」とはよく言ったもので・・・。
多分、世の男たちがこの質問を投げかけられて「どっちも」と答えた日には、世の女性たちは一斉に、同じような気分になってるんだろうなぁ、と邪推するわけで。

っていうか、”私”と”仕事”を同じ次元で捕らえるなよな、と質問されたほうはいいたいわけで。
っていうか、仕事してなかったら、今日のデート代はどこからでるんだよ、といいたいわけで。
っていうか、仕事してないで日がな一日ブラブラしてるオレってどうよ。魅力なんてねぇべ?と思うわけで。

ほんと、心から投げかけられたくない質問の筆頭核でございますですよ。ってばあんた。

・・・って・・・アレ?

続きを読む "私と仕事のどっちが好きなの!?"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.12.07

生きていかなきゃなんないんだ

若い頃は今が良ければいい、としか考えられないものだが、今なんて一瞬で終わる。
それからの方がうんざりするほど長いんじゃい。
死ななければならない特別な理由がなければ、生きていかなきゃなんないんだ。

室井佑月(2004.6.9

理由とか意義とか、人は時々求めたがるけど。
理屈なんて届かないところに、残酷な現実があったりする。

「死ななければならない特別な理由」ってのは、ほかならぬ寿命、天寿のことで。
僕ら自身がどうこうしてはいけないものなんだなぁ、というのを改めて感じた。



僕らは、生きていかなきゃなんないんだ。
だったらせめて、笑っていたいじゃん?

最近、そう思うようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.06

静まれーぃ!

静まれーぃ!静まれーぃ!
この紋所が目に・・・・静まれーぃ!
皆の者~、静まれっ!静まれっ!静まれーぃ!
このお方をどなたと・・・・静まれーぃ!
ええぃ!静まれっ!静まれーぃ!
さきの副将軍、水戸光く・・・・し、静まれーぃ!
静まれーぃ!皆の者、静まれーぃ!
水戸・・・・静まれーぃ!静まれーぃ!静まれーぃ!

某巨大掲示板(一部改変)

助さん、角さん、痛めつけ方が足りないようですね。
もちょっとこらしめておやんなさい!

って、黄門様がキレてるところを想像して、一人で笑ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.05

酒を飲まない男

どんなに時代が進歩しようとも、酒を飲まない男は男ではない
映画「カクテル」

..._| ̄|○  <飲めない

| | コメント (2) | トラックバック (0)

真意

言動の裏にある本音
Teck総研(エンジニアにいわれてむかついたひと言)

人間は、自分の本心が自然と言動に表れるもので、これを心理学的には「感情感染効果」という。 相手が不快に感じるのは、言動の裏にある本音をキャッチしてしまうためなのだ。

あー、これはわかるわ。
相手を見下してたりすると、モロに言動に出てしまいますよね、人って。

省みるに、自分には妙なプライドというか、高圧なところがあって、無意識にそれが出てしまう。
それが今まで嫌われてきた原因なんじゃないかなぁと思うのです。

エリート意識?
自信?
プライド?

何が原因なんだかわからないですが、自分でも窮屈に感じているのは確か。
必死で背伸びして、なめられないように虚勢張って。
いじめられてたときの影響が、いまだに残ってるのかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.04

あしたがあるということ

あなたが虚しく過ごしたきょうという日は
きのう死んでいったものが
あれほど生きたいと願ったあした

某巨大掲示板

胸の奥が、ズキっとしました。。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2004.12.02

選ばれし者の責務

ノブレス・オブリージュ
(選ばれし者の責務)
大星 公二

たった一人しかいない社長に選ばれた自分の責任とは、顧客によいサービスを提供して企業を成長させると同時に、社員が安心して働けるようにすることだ。

「選ばれし者の責務」
っくぅ~!!!かっこいい!!!
かっちょええ!
しびれる!

そう。そうなんですよ。
「選ばれし者」には、名誉や名声、実益等がついて回りますが、当然に責務もついてくる。
最近、それを忘れてる人が多い気がします。

自分の利益ばかりを追いかけて、「大義」を忘れている。
そうじゃなくて、選ばれたからには、選ばれた者であるが故の「その人しかできない」何か・・・選ばれた所以でもあるその何かを生かさないといけないんじゃないかと思うのです。

そういう大きな何かを追いかけてる人と、もっと話がしてみたい。
そんなことを思った今日この頃。

----

最近、視野が狭かったなー、と思わされました。
もっと広い視野で物事を見なければ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »