« テレビの取材があったので | トップページ | 基本は面倒。でも、大事。 »

2004.06.24

雑誌の取材も受けてました

ヴァンテーヌ2004年5月号より

↑クリックで記事全文が読めます
ヴァンテーヌ5月号

取材にいらしたのは、確か3月の末だったと思います。
道場に着いたとき、女性が3人座ってました。
そのうち一人はカメラを抱えていたので、てっきり写真がのるものとばかりおもっていたのに。
まさかマンガになるとは!

初めての経験なんですよ、奥さん!
自分がマンガの登場人物になって雑誌に載るなんて!!
見てびっくり!


んでもって、読んでびっくり!!!

俺、悪者!?(汗)

わぁ!まって!まってよぉ!!怖くない!怖い人じゃないから!
あれは、たまたま一回、綺麗な”面”が、こう、スパーンと入っただけでさ!(狼狽中)


大体、二段目の一番左のコマをみてよ!異様に剣が短いでしょ??
長剣vs短刀だったんですってば、奥さん!
そんなハンデつけられちゃ、逆に手加減するほうが難しいんですよ~!


で、あの構えは・・・・・・写真撮られてると思ったから・・・・一回だけ 顔が映るように ちょっとガードを開けて、打ってきやすいようにしてたわけでして。。。(^^;

----

あの記事読んだ先輩方のコメント

「ひでぇやつだ!」

「鬼だね」

「こんなことするの、江崎しかいないよ!」


・・・。

うん。わかった。

雑誌とかテレビとか。
例え相手が初心者とはいえ。

負けねぇぞ。


そう、固く誓ってしまった今日この頃。
それが昨日の記事につながるわけで。

----

余談ですが。
雑誌とかテレビの取材って実はこれで結構気を使うんですよ。。

道場に、僕よりも年次の高い有段者の方がいれば安心して闘えるんですが、なまじ僕が一番高い段位だったりすると、下手な負け方できないんですよね。
まず、見た目が強そうにみえちゃう。「身長が182センチ」ってだけで、強そうに見えるらしい。

その上で、「世界大会楯小太刀の部準優勝経験あり」とか「地区大会小太刀の部優勝経験あり」とか「スポーツチャンバラ暦7年、小太刀3段のA級インストラクター」とかって、経歴や段位を聞くととたんに見る目が変わるわけです。”すごい強い人なんだろうなぁ”って感じになる。

するととたんに、色んなもの背負って闘わないといけなくなっちゃう気がしてしまうのです。
無様な負けかたを一度でもしてしまえば、道場や、ひいてはスポーツチャンバラの品位を落としてしまう。
でも、圧勝ばかりでは対戦相手にスポーツチャンバラの面白さが伝わらない!

昨日の取材みたいに、「レポーターの負ける姿が撮りたいから有段者と戦ってる絵が欲しい」ということだったら問題ないんですよ。
負けないようにしつつ、絵になる綺麗な一本を狙っていけばいい。

でも、スポーツチャンバラの面白さを伝えたい、という場合。
これが気を使うんだ。

正直、このレポーターさんに対しては、スポーツチャンバラの楽しさをうまく伝えられなかったんじゃないかといまだに反省しているのです。

レポーターさんの動きにいまいちキレがなかった(遠慮している感じだった)ので、「思いっきりくらっても、痛くないですよ。だから思いっきりやってよいですよ!」というメッセージを伝えたくて、面を綺麗に決めたのです。
痛いといってもこの程度だから気にしないでね?というメッセージを。

案の定その後はレポーターさんの硬さが取れたみたいで、動きが格段に良くなって、僕から1本取るくらいまでに上達されていましたが。
記事になっていたのは僕が一本決めたところ。
あー、やっぱりそうなっちゃったか、と反省してるわけで。。。


まだまだメディア映えしないキャラクターだなぁ、と思うわけなのです。
そこらへんは課題として今後、磨いていきたいと思うわけでして。

30日(水)。
オンエアまであと4日となりましたが、映りが悪かったり、あまつさえカットされてたらごめんなさい、ってことで(汗)

|

« テレビの取材があったので | トップページ | 基本は面倒。でも、大事。 »

コメント

テレビとか雑誌とかの取材攻勢ですごいね!

なんだか売れっ子だわ(笑)。

この間スポーツチャンバラの普及について熱く語っていたので、それが少しずつ実現しているんですね!

アナウンサーとかぼこぼこってなんかすごい(笑)
平日なので見られないのが残念だ。

投稿: Hiroette | 2004.06.24 10:55

どういうわけか、取材が来ているときに限って道場に来てる有段者が僕だけ、という事態が続きまして、こんなことになってます。
嬉しいやら恥ずかしいやら。。
ま、面をかぶってるから顔が映らないので気楽なんですが。

僕の役回りと言えば、
背が高い有段者で世界大会で楯小太刀の部準優勝の経歴がある⇒すげー強い人
っていう感じなので、かえってプレッシャーがあったりします。
ヘタな負け方できねぇ・・・って。

テレビで無事に放映された暁には、どんなとりあげかたされてたかレポートする予定ですのでお楽しみに!
既にビデオ録画予約済みさ!!

投稿: 江崎 彰 | 2004.06.24 11:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12507/828815

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌の取材も受けてました:

« テレビの取材があったので | トップページ | 基本は面倒。でも、大事。 »