« ホワイトデーのお返し | トップページ | 失敗なんかにまけるな! »

2004.03.06

★裏切り

裏切られて傷ついたなら
あなたは裏切らなければいい。

~冴木忍「空を見て歩こう」~

裏切るという行為。これは、裏切られたほうは当然ながら、裏切ったほうにもいやな気持ちが残る場合があります。

僕がしてしまった、いまだに鮮明に覚えている裏切り行為。


中学の頃のマラソン大会で、友人と並んで走っていました。
どちらかというとマラソンは苦手なほうで、ペースをつかむのが下手だったのですが、その友人と並走することでなんとかペースをつかめ、完走出来そうなところまでたどり着くことが出来ました。

そんななか、のこり1kmを切ったあたりから、欲が出てきました。
自分の残り体力をみるに、ずいぶん余裕がある、という喜び。
その喜びからくる、少しでも順位を上げたい、という誘惑。

そして発した言葉。
「先、いくよ?」

ああ、お好きにどうぞといわれ、スピードアップ、ラストスパート。
ぐんぐん加速。体力は温存していただけあって、快調にとばす僕。
前にいた20人程度を抜き去って、ゴール。
ゴール後、芝生に座り込み、友人をまつも、なかなかこない。

その時間が苦痛でした。そして、後悔だけが残りました。
僕はカレのおかげでペースをつかめ、そして完走できたというのに。
なんと薄情なんだろう、と。


ずいぶん後になりますが、今回取り上げた小説(角川ファンタジー文庫の、ファンタジー小説ですが)を読んでいて、この言葉に出会ったとき。
とっさに思い出したのは、この思い出でした。


どちらかというとこの言葉の前半部分に該当するような言葉ですが、ずいぶんと印象深い言葉です。

しかし逆に、そもそも人から受けた期待を裏切るまいと気負いすぎてしまいがちだった性分に拍車をかけた言葉でもあります。
バランス、これが難しい。。。

|

« ホワイトデーのお返し | トップページ | 失敗なんかにまけるな! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12507/267865

この記事へのトラックバック一覧です: ★裏切り:

« ホワイトデーのお返し | トップページ | 失敗なんかにまけるな! »