« 愛とは最高の・・・ | トップページ | 自意識 »

2004.02.16

人生における無上の幸福

人生における無上の幸福は、自分が愛されているという確信である。
--ヴィクトル・ユーゴー --

愛されているという確信、必要とされているという心の張り、熱中することの出来る忘我の時間。
家庭・仕事・趣味 という三つが充実していると、自然と心が落ち着きます。

その中でも特に愛されているという確信。
これをユーゴーは無上の幸福と例えたわけですが、そのとおりだと思いました。
心の平穏、自己肯定、幸福感。すべてまずは愛情の欲求が満たされることからなのかな、と。

マズローの欲求段階説とも絡めて話をしたかったのですが、それはまた今度ということで。

|

« 愛とは最高の・・・ | トップページ | 自意識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12507/201102

この記事へのトラックバック一覧です: 人生における無上の幸福:

« 愛とは最高の・・・ | トップページ | 自意識 »