« 日本一になるまえに | トップページ | 君主論 »

2004.01.06

ゆーじゅー

右か?左か?の決断をするわけですが、
その決断で深く悩んでもあまり意味がないのです。
なぜならどっちを選ぼうがその結果の善し悪しは、
人生をやり直さない限り一生わからないからです。

-藤子不二雄(A) 『笑ゥせぇるすまん』-

短い期間で見える結果と、長い期間での結果があって、
しかも色んな決断が絡まっての結果なので一つをとってどうなる
というわけでもない場合が多いわけで。

たった2通りの決断を10回繰り返しただけでも512通りの
結果があるわけで、だからよほど明白では無い限り
どちらを選んでも同じ程度の是非がある決断を必要とされている
場合ってのは、もうえいやっ!と行くしかないんですよね。
短い期間で是非のうち”非”が出たとしても、へこむ必要はなし。
それが長い期間で見たときに”是”に転じるかもしれないし。


何が言いたいのかというと、優柔不断を返上したい今日この頃。

ハンバーグとスパゲティーで迷ってる場合じゃないってばさ!!
是も非もあったもんじゃねぇっすよ!

|

« 日本一になるまえに | トップページ | 君主論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12507/78650

この記事へのトラックバック一覧です: ゆーじゅー:

« 日本一になるまえに | トップページ | 君主論 »