« 君主論 | トップページ | ひま »

2004.01.06

★異質への対応

ゾンビが怖ければゾンビになればいい
-魔夜峰央 『パタリロ!』-

藤子不二雄(F)の短編に、「流血鬼(りゅうけつき) 」という話がありまして、
これは是非読んでみてもらいたいのですが、人が人で無いものと
対峙したときに何を考え、何を思うかという非常に面白いテーマの漫画です。

(あらすじ:血を求めてさ迷い、その魔物を殺すには心臓に杭を打ち込むしかない。 ルーマニアで発生した吸血鬼伝説を思い起こさせる様な奇病は、またたく間に広がり 日本にも上陸した。穴蔵に潜んで魔物と戦う生活を余儀なくされた少年も、ついに幼 なじみだった少女の毒牙にかかる。そして吸血鬼の仲間入りをした少年に目に映った 世界とは!?)


怖いと感じるのは異質だから、しかしそれを受け入れた瞬間
違うものが見えるのでは?という意味にもとれるな、と。

あと、「いっそ多数派についてしまえ」という意味にも取れますよね。
みんながゾンビなら、そっちいっちゃえ!みたいな。

長いものには巻かれろ、の別表現?

|

« 君主論 | トップページ | ひま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12507/78664

この記事へのトラックバック一覧です: ★異質への対応:

« 君主論 | トップページ | ひま »